So-net無料ブログ作成

引き寄せの法則,バシャール

引き寄せの法則とバシャール情報。世界の真実、人生の真実を知ることにより、引き寄せの法則を正しく使いこなすことができます。引き寄せの法則の真実

記事一覧

引き寄せの法則
わたしたちは客観的な心を通じて外界と関わります。その心の器官が脳であり、脳脊髄神経系が身体のあらゆる部分との意識的なコミュニケーションを可能にします。この神経系..

記事を読む

引き寄せの法則
祈りとは、嫌がる神に願いを聞いてもらうのではなく、神が喜んでしようとしてくれていることを、受け取りにいくことなのです。今、祈りが復活し始めています。周囲や内面で..

記事を読む

引き寄せの法則
私たちは同意することによって、どんな現実でも選択して創造することができますもし、自分が制限されているように感じるのなら、それは自分を小さくするような信条に同地し..

記事を読む

引き寄せの法則
苦しまなくても与えられますいつからか私たちのほとんどは、望みのものを手にするには苦しまなくてはいけないと教えられてきました。「良いものならば必死に苦闘する価値が..

記事を読む

引き寄せの法則
視覚化(ビジュアライゼーション)は「引き寄せの法則」を成功させる最強ツール視覚化-心の中に実現したい絵をクリアに描く行為-の技術をみにつければ、あなたの心は秩序..

記事を読む

全知全能の意識 と個々人の心と思考

apple-570965_640.jpg
わたしたちは客観的な心を通じて外界と関わります。その心の器官が脳であり、脳脊髄神経系が身体のあらゆる部分との意識的なコミュニケーションを可能にします。この神経系は光、熱、匂い、味といったすべての感覚に反応します。

この心が正しく考えて真理を理解し、脳脊髄神経系を通じて身体に送られる思考が建設的なものなら、それらの感覚は楽しく心地よいものに感じられます。

その結果、私たちは力強さや活力を身に着け、身体には建設的な力が宿ります。ところが、苦痛、病、欠乏、限界、あらゆる形の不調和がわたしたちの人生に招き入れられるのも、同じ客観的な心を通してなのです。ですから、邪悪な考えを抱くと、わたしたちは破壊的になるのです。

わたしたちは潜在意識を通して内面世界と関わります。その心の器官は太陽神経叢です。交感神経が喜び、恐れ、愛、情動、呼吸、想像、そのほかすべての無意識の現象をつかさどっています。わたしたちが宇宙精神に結び付けられ、宇宙の無限の建設的な力とつながるのは、潜在意識を通してなのです。

人生最大の秘密は、これらの二つの生命の中心がどのように協調して働いているかを深く理解することなのです。それがわかれば、客観的な心と主観的な心とを意識的に協調させ、有限なるものと無限なるものとを和解させることができます。未来が完全にわたしたちの欲しいままになるのです。気まぐれな、あるいは不確かな外部の力のなすがままにはなりません。


すべての根源「意識」と私たち


たった一つの原理ないし意識が宇宙前田いに行き渡っており、すべての空間を満たしているということに異を唱える者はおりません。どんな些細な空間でさえ、その原理が働いていないところはないのです。それは全知全能であまねく行き渡り、あらゆる思考や物質を内包します。それは万物の源なのです。

思考する「意識」は宇宙にたった一つしかなく、その意識が考える時、その思考は客観的なんものになります。この意識はあまねく行き渡っているので、それぞれの個人の中にも当然存在しています。めいめいの個人は宇宙に偏在するこの全知全能の意識の顕現なのです。

宇宙には「意識」はたった一つしかないので、必然的にあなたの意識は宇宙と同一だということです。言い換えれば、すべての心は一つなのです。この結論から逃れるすべはありません。

あなたの脳細胞の中で焦点を結ぶ意識は他人の脳細胞の中で焦点を結ぶ意識と同じものです。めいめいの人間は宇宙精神が個別に顕現した姿にほかなりません。


意識 心と思考


宇宙精神は静的な、もしくは潜在的なエネルギーです。それはただ在るだけです。個々人を通してのみ自らをあらわすことができます。一方、個々人は宇宙精神を通してのみ、この世に存在できるようになります。それらは一つなのです。

個人の考える能力は、宇宙精神に働きかけそれを顕在化さえる能力です。人間の意識は考える能力だけからなっています。心そのものは微細な静的エネルギーだと信じられています。そのエネルギーから心の動的な側面である「思考」と呼ばれる活動が生まれるのです。静的なエネルギーである心と動的なエネルギーである思考、二つは同じコインの裏表なのです。したがって思考とは、静的な心を動的な心に変換することによって形成される振動なのです。

願いをかなえる大きな力

little-girl-1894125_640.jpg
祈りとは、嫌がる神に願いを聞いてもらうのではなく、神が喜んでしようとしてくれていることを、受け取りにいくことなのです。

今、祈りが復活し始めています。

周囲や内面で起こる数多くの深い変化を前に、多くのスピリチュアルな探求者たちは答えを求めて自分の内に目を向けています。そして、真の安らぎは、外界から何かよいものを取り込むことによってやってくるのではなく、内なる豊かさを発見することからやってくるのだと気づき始めています。

祈り願うことは私たちの手中にあるとても大きな力ですが、それはほとんど使われずにきました。というのも私たちは、神とは長い髭をたくわえた老人で、はるか遠くの雲の上にすわり、ほんの一握りの幸運な人たちにのんみ飴を投げ与え、残りの人々には稲妻を落とそうとしているのだと教えられてきたからです。これほど真実からかけ離れていることはありません。本書はそのような教えを正します。

神とは愛の神であり、私たちは神に愛される子孫であり、私たちが心から望むすべてを与えることが神の喜びなのだという前提のもとにあります。

私たちが乗り越えなくてはいけないのは原罪ではなく、神からかけ離れた小さく力の無い存在だという信条です、私たちは輝ける神の創造物であり、それ以下では満足しません、そして、グレートスピリットの意図お同じです。

祈りの原則を実行することにより、あなたは物事を実現するための鍵となる心の持ち方を身に着けるようになります。それは神に対して祈るのではなく、内なる神から祈るのです。私たちは今、神の力は私たちの内にあり、私たちとして表現されているのだということを認識しなくてはいけません。

私はあなたとともに、このもっとも華麗なる冒険へと出発することを光栄に思います。ともにマインドと心をひとつにし、そのビジョンを天に向けることによって、私たちはもっとも高い夢、さらにはそれ以上のことの達成することができるのです。

あなたのこの度に祝福を送ります。

あなたが望む安らぎや喜び、そして健康を受け取り、あなたにふさわしい大いなる愛に身を浸しますように。

同意により現実を創造

私たちは同意することによって、どんな現実でも選択して創造することができます


もし、自分が制限されているように感じるのなら、それは自分を小さくするような信条に同地しているということです。私たちの多くは、無意識のうちに自分を小さくしておくような同意をたくさんしています。たとえば、以下のようなものです。

●望みのものを得るには、苦闘したり苦痛な思いをしなければいけない
●戦争は、生きるという現実の一部であり、つねに地上にはびこるもの
●男性(あるいは女性)は信頼できない
●いいものは皆誰かに取られている
●確実なのは死と税金のみ

すべての思考は祈りなので、以上のようなことを考えるときにはいつも同様の現実を体験するように仕向けていることになります。そして思考の中でも言葉でも、行動でも冗談であっても、自分を制限するような考えが真実であると同意するなら、あなたはみずからつくりだした棺桶にもう一本釘を刺していることになります。ですから、次のことがとても大切になるのです。

自分が具現化するのを見たいことに関してだけ、考え、話し、同意すること


みずからがつくりだしたいと思うこといついて、友人が同意してくれるように頼んでください。
「今年、私たちのビジネスが25パーセント増になると同意してくれますか」
「今週末までには腕の調子が良くなると同意してくれますか」
「この問題について、すぐに簡単に、おたがい満足のいく方法で解決できると同意してくれますか」

こうした同意はとても力強いものです。そして、それはあなたが祭壇の前にひれ伏して助けを求めて祈るのと同じくらいのちからをもって天に届くのです。信じることからくるパワーはつねに働いています。ですから、その信条があなたの役にたつかどうかは、あなたの選択にかかっているのです。

あなたの友人の思いを、あなたの夢の方向にさそい、同意による力を結集しなさ。そして相手にも同じことをしてあげなさい。祈りの中で支えを求めるのは、弱さのしるしではありません、それは大きな信仰と強さのしるしです。

苦しまなくても与えられます

nature-reserve-375609_640.jpg

苦しまなくても与えられます


いつからか私たちのほとんどは、望みのものを手にするには苦しまなくてはいけないと教えられてきました。

「良いものならば必死に苦闘する価値がある」「苦労しなければ得るものは無し」といわれたり、暗にほのめかされたりします。これをいろいろなかたちで何度も耳にし、自分のお手本となる人々が涙しながら劇的にkろえを演じるのを見、ワタシたちは簡単に手に入るものなど現実にはないのだと信じ込み、自虐的な運命の神殿に向かう長く挫折に満ちた旅に出るのです。そしてその神殿で私たちは頭をたれ、そこにある恐れという祭壇に血にそまったトロフィーをささげるのです。

そんなばかげたことはもうたくさんです。

気づきを得るには苦痛と苦労が必要だなどという思いは、平和をつくるには戦争が必要だという信条と同様にばからしいものです。

神は愛なのです。そして愛は、愛する者が苦しむことを望んだりはしません。幸福と健康だけを望むのです。

成功にはストレスに満ちた苦闘が必要だと信じるなら、あなたは自分の祈りの中にそうして態度をもちこみ、不必要な困難を自分に課すことになるのです。

祈りにおけるもっとも効果的な姿勢は、不安にかられた努力をするのではなく、心静かに感じることです。

もちろん、自己鍛錬や集中、決意も必要です。ですが、それらはみな心静かにして神の安らぎをあたかも繊細な香水の香りのようかぐわうことができる意識をつくりあげるためのものです。

自分の祈りを天にのぼらせようと格闘するなど本末転倒です。あなたの求める神は何光年もかなたに住んでいるのではなく、あなたの心の神殿に静かにすわっているのです。そして激しく動揺してすさんだ言葉がくどくどくりかえされるよりも、優しいささやきのほうにもっと耳をかたむけてくれます。そして熱心に祈るからではなく、その呼びかけが心からの誠実なものであるから愛してくれるのです。明るい期待に満ちた誠実な願いの一言のほうが、天国の門を何時間も叩き続けるよりよほど神の心をそそります。

量ではなく、質なのです。
形式ではなく、エネルギーなのです。

嵐のように荒れ狂った状態で楽園に分け入ることはできません。また、自分にとってよいものを闘い取る必要もないのです。神はおだやかなもので、私たちも本質的にはそうなのです。祈りとは、安らぎに満ちた自然な自分に還る旅なのです。

エネルギーは苦闘を手放したときに解放されるもの


今ここでたどりついた原則を実際に役立てると、あなたの仕事のしかたも生き方も祈り方もすべて変わり、物事を具現化する能力はものすごい勢いで広がるでしょう。この真実を実行すれば、この世で想像もしなかった安らぎと安心がもたらされることでしょう。

この考え方に驚かれるかもしれません。なぜなら、それはあなたや私が、成功するのに必要と教えられてきたこととまったく相反しているからです。でも、この神秘的な真実をほんの少しでも実行に移すなら、驚くべき結果が現実にもたらされます。

ビジュアライゼーション

geranium-351810_640.jpg

視覚化(ビジュアライゼーション)は「引き寄せの法則」を成功させる最強ツール



視覚化-心の中に実現したい絵をクリアに描く行為-の技術をみにつければ、あなたの心は秩序正しくなり、人生を楽しくするのに必要なものが引き寄せられてきます。

たとえ自覚していなくても、誰もが心に絵を描いています。この「心に絵を描くこと」が大いなる成功の秘密です
。この力を意識して使うことにより、あなたの資源は何倍にもなって引き寄せられ、知恵は増し、隠れた才能が開かれてきます。

視覚化することで、宇宙の創造力があなたに役立つために特殊化されます。「願望の絵」が形づくる「思いの鋳型」に宇宙の物質を流すことになるのです。

物質と霊が調和し合う「宇宙のしくみ」を熟知する。



宇宙の心は自らを個性化するために人を創造しました。存在するすべてのものがその目的のために創造されたのです。

「物質界ができた理由は何なのか。この問いには、「蝋が冷えれば固まり、漆喰が空気に触れれば固まるように、宇宙にある原物質は固体化する性質があるのです」とお答えしましょう。

自由な状態にあるこの聖なる原物質の中に描かれた絵は、個性化された神の活動の中心、人の心 を通して形を取ります。その物質化を妨げる力は存在しません。仕上げをするのは霊です。

創造のプロセスには物質不可欠であること、物質は幻影ではなく、生命が形を変えるのに必要な触媒であることがわかります。物質と「霊」は対極の関係にあり、この二つは対立することなく調和ある全体を作り上げています。

これを知ると、自分で視覚化しながら、原因から結果へ、始まりから終わりへと動いていることが実感されてきます。あなたの心の絵が「創造的な霊」の力を特殊化するのです。

宇宙に物質を生み出した同じ力が、人の思いや心の絵を、物質に生み出します。その唯一の違いは、「度合い」であり、心の絵を扱うときには、振動の度合いを落として、特殊センターである人間の心を通して創造し始めるのです。

視覚化の力を正しく使えるかどうかに人間の進化はかかっています。正しく使えるかどうかは、自分を創造の霊の支局と認めるかどうかにかかっています。


宇宙の原物質は、あなたの幸せの現実化に役立つのを待っている


願望を心の絵にして実用化できる前に、自己の存在を知らなければなりません。自分が誰であるか知ると、それが語りかける自由を楽しみたいと願うようになります。その願いがますます強まり、満たされると、個性化した霊が自然に動き出します。

あなたが直接関係しているのはこの「創造的な霊」の働きです。人には神の胚が内在しています。神の胚は絶対自由を楽しむ性質があるので、あなたを通して楽しもうとするのは当然です。自己という存在が個性化した神であることを知ることにより、あなたは神的な傾向を帯びてきます。

自分が誰なのか、どこから来たのか、存在している目的は何なのか、目的をどう遂げればいいのかを知れば知るほど、あなたは創造的な霊が楽しむ中心を提供します。そして、宇宙にも人にも等しく働く創造のプロセスが、すべての空間に満ちていることを知るのです。

見える、見えざる世界にあるすべてが、特殊な思いの活動 心の絵 に始まります。あなたもそこに含まれます。あなたは宇宙の心の支局であり、同じ創造力があなたを通して動き出すのです。

心の絵に情熱を注げば注ぐほど、物質化は早まります。情熱は願望を秘密にすることによって強められ、誰かに打ち明ける瞬間に弱まります。あなたの力、引き寄せの磁石は、まだそれほど強くなく、遠くまで届きません。秘密にすればするほど、引き寄せる力は強くなります。
Copyright © 引き寄せの法則を実践するための情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。