So-net無料ブログ作成
検索選択

健康のカテゴリ記事一覧

引き寄せの法則とバシャール情報。世界の真実、人生の真実を知ることにより、引き寄せの法則を正しく使いこなすことができます。引き寄せの法則の真実

カテゴリ:健康

健康のカテゴリ記事一覧。引き寄せの法則とバシャール情報。世界の真実、人生の真実を知ることにより、引き寄せの法則を正しく使いこなすことができます。引き寄せの法則の真実

健康
「足りない」が活性のを目覚めさせる「何かが足りない」という状況、その状況こそが、凡庸な脳を「活性脳」へと変えるのだ。考えてみればわかることだが、人類は「満たされ..

記事を読む

健康
病の果てに見出した一筋の光明かつて、私はどうしようもない最低レベルの頭と体の持ち主だった。身体が弱くて病気がちで、いつもどこかしら体調がすぐれない。頭の中はどん..

記事を読む

健康
「しっかり食ないと元気が出ない」「朝食を食ないと頭が叩かない」こんな間違った考え方が常識として定着してしまって久しい。しかし、私はこう言おう。「食れば食るほど、..

記事を読む

「足りない」が活性脳を目覚めさせる

weight-loss-2036969_640.jpg

「足りない」が活性のを目覚めさせる


「何かが足りない」という状況、その状況こそが、凡庸な脳を「活性脳」へと変えるのだ。考えてみればわかることだが、人類は「満たされる」ことや「便利になる」ことで、生き物としては退化の一途をたどってきた。

衣類を得たことで寒さに弱くなり、
農耕を覚えたことで狩りのための身体能力を失い、
灯りを得たことで夜間の視野が低下したのである。

つまり、便利な道具によって用が足りる、満たされることで、生き物としての本来の力を失う結果となったのだ。しかも近代になると、人間の脳の働きを代行する道具のせいで、「不活性脳」化が進んでいる。

計算機ができたことで計算能力が低下し、
テレビの登場で想像力は貧困化し、
ワープロ、パソコンの普及で感じを忘れてしまった。

さらに、最近ではインターネットの普及によりいつでも調べものができるようになったせいで、記憶力の必要までなくなってきている。私はこのような現状を「脳のメタボ化」と呼んでいる。

近年、運動不足と過食傾向によるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が問題視されているが、それと同じような意味で、「脳のメタボ化」も進んでいるのである。

自分で頑張って調べものをしたり考えたりしなくても、インターネットで質問を投げかければ、見知らぬ誰かから答えがかえってくる時代である。こんな便利な世の中で、一生懸命に頭を使えというほうが無理な話だろう。

だが、怠けた分のしっぺ返しはいつかきっとやってくる。

大学受験、資格試験、仕事でのプレゼンテーションなど、頭脳の限界の挑戦すべき場面は人生の中で決して少なくはなく、また、年齢を重ねたときに、いつまでも明瞭な頭脳でいたいと思うのは誰しも同じであろう。
だからこそ、すっかりたるみきったメタボ脳に対して、「何かが足りない」という状況を作り出してガツンと活を入れなければならないのだ。

身体と脳の潜在能力がぐんぐん引き出される


さあ、そう考えると、断食によって私が驚異的な記憶力を発揮できるようになった理由もおもずと見えてくるだろう。

断食はまさに「何かが足りない」という状況をのものであり、そのときに味わう飢餓感こそが凡庸な脳を「活性脳」へと変える鍵となる。断食をすると、体と脳はその「足りない」状況からなんとか脱出しようと、潜在能力のすべてを発揮するのだ。

断食中、体からパワーがあふれ、記憶力が冴えわたるのは、サバイバルのためなのだろう。ただし、断食期間が終了した後でも、いったん開発された能力は持続することになる。

植物の話であるが、断食農法とも呼ばれる永田農法はそれを説明するための好例かもしれない。この農法では肥料と水は必要最小限しか与えず、作物は常に飢餓状態に置かれる。「水と肥料はたっぷりあげましょう」という一般の農法からすつと、常識外れとしかいいようのないやり方だ。

しかし、その飢餓状態こそが作物の潜在能力を最大限に引き出す。

永田農法で作られたトマトは通常の3倍の糖度となり、ビタミンC含有量は最大で通常の30倍以上を記録したのだ。また、別種の野菜の場合でも、一般的な農法のものと比べて圧倒的に栄養価が高い。

人間もこれと同じことで、「何かが足りない」という状況で体験する飢餓感こそが、その人の潜在能力を最大限に引き出すことになる。

「飢餓感?そんな苦行はしたくない!」

そういう人もいるだろう。だが、これは決して自分をいじめる苦行ではない。つらいのは最初のうちだけであり、いくつかのハードルを乗り越えた後は、大きな快感が得られ、まるで自分が超人に生まれ変わったかのような心境になり、その飢餓感は、心身からあふれてくる輝かしいパワーによって喜びに変わる。
そのとき、あなたは永田農法の甘くて栄養たぷりのトマトのように、潜在能力が存分に引き出され、生命力にあふれた体と、冴えに冴えた「活性脳」を手にすることになるのだ。

 カテゴリ

断食・ヨガ 活性脳を呼び覚ます逆転の一手

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s.jpg

病の果てに見出した一筋の光明


かつて、私はどうしようもない最低レベルの頭と体の持ち主だった。身体が弱くて病気がちで、いつもどこかしら体調がすぐれない。頭の中はどんよりと濁り、学校の授業を理解するのに難儀し、朝に聞いたことを夕方には忘れてしまうほどに物覚えも悪い。それが私の少年時代の姿だ。

しかし、今の私を知る人は、私がそこのこを話しても信じない。

それはそうだろう、ヨガ指導者として精力的に世界の道場を飛び回って指導にあたり、すでに述べたように、著書は国内外で400冊超、「記憶術日本一」のタイトルに輝き、NHKでも「記憶の達人」として3回紹介された。そんな私の姿を知っていれば、とうてい信じられないだろう。

だが、少年時代の私はまさに病気の問屋のような虚弱児だった。肺炎、肋膜炎、ゼンソク、慢性的な頭痛と微熱、便秘症、蓄膿症、肝臓肥大と、いろいろな病気にかかり、赤面・対人恐怖症にも悩んだ。中学進学時には病弱な子どものための施設へ入ることも検討されたほどだ。

しかも、16才のときには心臓病(狭心症)を患い、「20歳までは生きられない」との余命宣告を医師から受けてしまう。わずか16歳の少年が体験した、このときの絶望感が想像できるだろうか?

「死にたくない!なんとかして生きたい!」

私は病室で泣き叫び、悩み、苦しみ、おのれの運命をー呪ってのたうち回った。しかし、もはや流す涙もなくなったころ、私の心境は180度回転し、メソメソとした感情が前向きな決意へと変化する。それまで、ヨガや東洋医学の本を読んできていた私は、そこに一縷の望みを託し、病院を抜け出して修行の旅へと飛び出したのだ。


断食で超人的な心身を得た!


結果、私はヨガと断食によって健康になった。

初めての断食では空腹感に悩まされ、見るのは食べ物の夢ばかりだったが、狭心症の胸の痛みはなくなり、体調はみるみる改善していった。影響をとっていないのだから医学的には元気をなくしてもいいようなものだが、事実はその逆だった。狭心症患者だというのに楽々と山を登り、そのくだりでは勢いよく駆け降りることすらできたのだ。

そして、断食10日目を過ぎるころには記憶力が驚くほど研ぎ澄まされ、英語の長文を何の苦も無くスラクラと暗記できるようになった。睡眠時間も短くて済むようになり、全身に生命力があふれ、心には自信が満ちていく。

「なんだ、これは! 俺は超人にでもなったのか!」

17歳の少年が自分のことを「超人」と思ってしまったのも、致し方ないことだろう。それほどまでに心身に起きた変化は劇的なものだったから。さて、超人であるかどうかはさておき、私はまさに別人になった。3回目の断食で心臓が完全に治癒したことを確信した私は、ヨガの普及に人生を賭けることを決意した。

当時は今とは違い「ヨガ」という言葉もまあ知られていなかった。まずはヨガの本を出版すべきだと考えて、私は方々の出版社に企画書を持ち込んだ。どこの誰とも知れぬ若造が「ヨガ」という正体不明の健康法の本を出したいと売り込みに行くのだから、そう簡単に話が進むわけがない。だが、私は自分の本が書店に並んでいる様子をありありと思い描き、「必ず本は出る!」という確信を育てていった。

結果、私は処女作の出版にこぎつけ、さらに、その本を持って企画を持ち込んだ先で出版した第2弾の本は10日で10万部売れるという驚異的な大ヒットを記録。もちろん、それもまた私が事前に思い描いた通りの展開だった。そう、私はその本がベストセラーになることを強く念じていたのだ!

栄養をとるほど、人はどんどん不活性脳になる

「しっかり食ないと元気が出ない」
「朝食を食ないと頭が叩かない」
こんな間違った考え方が常識として定着してしまって久しい。
しかし、私はこう言おう。
「食れば食るほど、人は不活性脳のになる」 。
もっとはっきり言うなら、 「食過ぎると人は馬鹿になる」 。
間違った常識を脇に溶けて、自分の体と頭よく観察してみれば、こんなことが一目瞭然だ。
満になった後は、誰しも体がだるくなり、頭がどんよりとして眠くなってくる。
もし、この時に計算や胸やらせたなら、普段よりずっと低い成績しかあげられないだろう。
そうなるのも当然のこと。食後は消化のために意味血液が集中して脳への血流が減るので、
どうしても頭は鈍くなるし、眠くもなってくる。

警察の統計では、 「交通事故が多いのは昼食後の1時から2時」と発表されている。
副交感神経が当たると、体から力がどんどん抜けて、脈拍分化し、
心身は眠りの方向誘導されていたからだ。
普段から満になるまで食る癖のある人は、不活性脳になってるのが
常態となり、いつも頭の中がどんよりと曇っていて、まともに思考力が働かず、
物忘れやうっかりミスを頻発することになるだろう。また、起きている間中、
常に眠気が取れないという状況にも陥る。
実は、栄養を取りすぎると、不活性脳になることは、科学的にもすでに明らかだ。

ドイツのニュースター大学では、平均年齢61歳の男女50人を集めて実験を行った。
彼らは体重が平均過少消費蒔絵粉ある人々で、第一のグループには
いつも通りの食生活をしてもらい、第二のグループにはカロリーを通常の
30%カットした食事をしてもらう。

3カ月後、後者のグループは、体重が2から3%減少。これは当然の結果だろう。
だが、タンゴの曲テストを行ったところ、後者のグループ、つまりカロリーを制限した
グループは前者の通常の食事を続けたグループに比て、
30分セントも良い成績を挙げたのだ。

つまり、摂取カロリーを減らしただけで、彼らは活性脳を得たのである。
そういうわけでこれから試験や大事な仕事などを控えてる人は、最善の結果を
得るために、今日からでも食事を節制した方がいい。
これま満腹になるまで食ていた人は八分目心がけ、すでに8分だった人は7分、
6分を目指すのだ。すると、たったそれだけのことで頭が冴えがこれまでと君と違ってくる。
「試験に勝つ」などと鍵を担いで、トンカツなどを満になるまで食てはならないということである。

「低カロリーがいいのは分かりますが、脳に栄養素は積極的に取った方がいいのではないでしょうか? 」
このように言う人は多い。だが違うのお兄栄養素を取れば頭がよくなる、という単純な話では無いのだ。

 カテゴリ

 タグ

Copyright © 引き寄せの法則を実践するための情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。