「しっかり食ないと元気が出ない」
「朝食を食ないと頭が叩かない」
こんな間違った考え方が常識として定着してしまって久しい。
しかし、私はこう言おう。
「食れば食るほど、人は不活性脳のになる」 。
もっとはっきり言うなら、 「食過ぎると人は馬鹿になる」 。
間違った常識を脇に溶けて、自分の体と頭よく観察してみれば、こんなことが一目瞭然だ。
満になった後は、誰しも体がだるくなり、頭がどんよりとして眠くなってくる。
もし、この時に計算や胸やらせたなら、普段よりずっと低い成績しかあげられないだろう。
そうなるのも当然のこと。食後は消化のために意味血液が集中して脳への血流が減るので、
どうしても頭は鈍くなるし、眠くもなってくる。

警察の統計では、 「交通事故が多いのは昼食後の1時から2時」と発表されている。
副交感神経が当たると、体から力がどんどん抜けて、脈拍分化し、
心身は眠りの方向誘導されていたからだ。
普段から満になるまで食る癖のある人は、不活性脳になってるのが
常態となり、いつも頭の中がどんよりと曇っていて、まともに思考力が働かず、
物忘れやうっかりミスを頻発することになるだろう。また、起きている間中、
常に眠気が取れないという状況にも陥る。
実は、栄養を取りすぎると、不活性脳になることは、科学的にもすでに明らかだ。

ドイツのニュースター大学では、平均年齢61歳の男女50人を集めて実験を行った。
彼らは体重が平均過少消費蒔絵粉ある人々で、第一のグループには
いつも通りの食生活をしてもらい、第二のグループにはカロリーを通常の
30%カットした食事をしてもらう。

3カ月後、後者のグループは、体重が2から3%減少。これは当然の結果だろう。
だが、タンゴの曲テストを行ったところ、後者のグループ、つまりカロリーを制限した
グループは前者の通常の食事を続けたグループに比て、
30分セントも良い成績を挙げたのだ。

つまり、摂取カロリーを減らしただけで、彼らは活性脳を得たのである。
そういうわけでこれから試験や大事な仕事などを控えてる人は、最善の結果を
得るために、今日からでも食事を節制した方がいい。
これま満腹になるまで食ていた人は八分目心がけ、すでに8分だった人は7分、
6分を目指すのだ。すると、たったそれだけのことで頭が冴えがこれまでと君と違ってくる。
「試験に勝つ」などと鍵を担いで、トンカツなどを満になるまで食てはならないということである。

「低カロリーがいいのは分かりますが、脳に栄養素は積極的に取った方がいいのではないでしょうか? 」
このように言う人は多い。だが違うのお兄栄養素を取れば頭がよくなる、という単純な話では無いのだ。

 カテゴリ

 タグ