So-net無料ブログ作成

引き寄せの法則,バシャール

引き寄せの法則とバシャール情報。世界の真実、人生の真実を知ることにより、引き寄せの法則を正しく使いこなすことができます。引き寄せの法則の真実

記事一覧

引き寄せの法則
同じ波動のものを引き寄せる、願いの力 宇宙のエネルギーの検索機が、同じ波動を持つ人を集めているようなものです。自分を愛してくれる人を、どのように手に入れたらいい..

記事を読む

引き寄せの法則
あなたはどんな願い方が得意ですか私たちは、それぞれ得意なことが違います。日常生活でもそうですが、お願いの仕方も、人によって特異な方法が異なります。ですから、自分..

記事を読む

健康
「足りない」が活性のを目覚めさせる「何かが足りない」という状況、その状況こそが、凡庸な脳を「活性脳」へと変えるのだ。考えてみればわかることだが、人類は「満たされ..

記事を読む

引き寄せの法則
☆私たちは、考えることで、命令を発しています。意識的かどうかは関係ありません。☆宇宙は否定形を知らない。避けたいことほど向かってくるのです。どんな思いや考えも、..

記事を読む

健康
病の果てに見出した一筋の光明かつて、私はどうしようもない最低レベルの頭と体の持ち主だった。身体が弱くて病気がちで、いつもどこかしら体調がすぐれない。頭の中はどん..

記事を読む

同じ波動のものを引き寄せる、願いの力

restaurant-449952_640.jpg

同じ波動のものを引き寄せる、願いの力 宇宙のエネルギーの検索機が、同じ波動を持つ人を集めているようなものです。


自分を愛してくれる人を、どのように手に入れたらいいのでしょうか?とても簡単なことです。理性が決めた人ではなく、すでに長いこと自分を探してくれていた人を手に入れるのです。ですから、パートナー探しは「上手にお願い」すればうまくいきます。

それは、宇宙のエネルギーの検索機が、同じ波動を持つ人を集めているようなものです。

パートナーを取り戻したい、意中の人に気づいてもらいたいときにも「上手に願う」ことが役立つ場合があります。誰にも迷惑をかけず、自分と同じ波動をもっている人がいるかどうか、簡単に確認する方法があります。それは、誰もが経験していることです。たとえば、大好きな人のことを考えていると、その瞬間にその人から電話がかかってくることがあります。それは、偶然ではありません。発信されたエネルギーを相手がキャッチしたのです。誰もが、これと似たような経験をしているはずです。バーやレストランで、自分を見てほしいと特定の人に気持ちを集中させると、その人は必ずと言っていいほど振り向いてくれるでしょう。けれども、その人が、私たちのエネルギーを受け止めたときだけしか、そのようなことは起こりません。私たちのエネルギーが受け止められるのは、相手も同じ波動の中にいるときだけです。ダンスを申し込んでほしい、話しかけてほしい、飲みに誘って欲しいと願った時、相手の思いも一致していれば、つまり、その人が私たちに心を開いていれば、誘ってくれることでしょう。

そのような願いがかなえられれば、ふたりの間にたくさんの共通点が見つかります。一度、試してみてください。あなたの願いのエネルギーを働かせ、お互いに好意を寄せあっていると思われる人で試してみましょう。相手に焦点を当て、集中的に思ってみましょう。この形のコミュニケーションがいかに簡単ですばらく成功を収めるか、確かめてみましょう。心の中で、あなたがその人に望むことを念じてみましょう。


コミュニケーションを成功させるお願い言葉



★私は、あなたに話しかけられることを喜んで受け入れます。 ★私は、あなたともっと親しくなることを受け入れます。 ★私は、あなたにダンスに誘われる心の準備ができています。 ★私は、あなたの愛を受け入れる準備ができています。 ★私には、あなたが私の元へ戻ってくる心の準備ができています。


では、特定の人に振り向いてもらえるように、ただ願ってみましょう。あるいは、パートナーがあなたを許してくれるように、あなたの元へ戻ってくるように願ってみましょう。きっと実現することでしょう。ただしうまくいくのは、その人もあなたと同じことを望んでいるときだけです。その人は、自分のために扉が開かれている、自分の帰るところがある、と感じるのです。実際に扉をくぐるかどうかは、その人の意志に任されています。あなたの願いがかなえられてもかなえられなくても、結果がわかることによって、次のステップへ前進できるはずです。すばらしいのはあなたの放ったエネルギーにその人が飛びついてくれば、その人も同じ波動を持っている、と確認できることです。

信じられないようなことが起こっても、驚かないでください。ふたりの人間がお互いのことを考え、ばったりと出くわすことがあるのです。さて、いったい誰がそこへ導いたのでしょうか?

ときには、発信されたエネルギーが受け止められ、準備が整うまでに時間がかかることもあります。妻は、まだ俳優学校に在籍していたとき、アカデミー賞受賞俳優のピーター・ユスティノフ氏に会いたいと願いました。その願いはかなえられました。とはいえ、実現するまでにかなり長いこと待たなければなりませんでした。彼女には、お願いがかなえられた経験が何度かありました。しかしあのときは、本当にどんな願いでもかなえられるのか、特定の人物を指定して願うことは可能なのか、確かめようとしたのです。


アカデミー賞俳優に会いたい


当時、私は確かめたかったのです。一介の演劇学校の生徒には簡単にはかなえられないお願いをし、運命に挑戦してみたかったのです。私は、目標になる人物、知り合ってみたい人物をなんとなく考えてみました。そのときに、アカデミー賞俳優、ピーター・ユスティノフ氏が頭に浮かんできました。そして、私はお願いしました。「私はピーター・ユスティノフさんと知り合います!」と。

それから何か月もたったある日、私がベルリンの友人を訪ねていたときのことでした。その日の夜に、ユスティノフ氏がシラー劇場の舞台に立つことを新聞で知りました。私の胸は高鳴り、心臓が口から飛び出しそうでした。私は思いました。「そんなことありえない。私は行かないわ」。私の中のもう一人の私が言いました。「自分で臨んだことでしょ。忘れたの?彼に会いたかったんでしょ?」。するともう一つの声が言いました。

「もちろん。でも、私となんか会ってくれるわけないでしょ。近づくチャンスなんてあるわけないわ。どうせボディガードに取り囲まれているんだし、笑いものになるだけよ」

私の中では心の会話が飛び交いました。最終的に、自分の願いはかなえられるかどうか知りたくて、私はチケットを買いました。公演終了後、通用口へ行きました。いくつかある通用口にはどこでも守衛がいたため、関係者以外は誰も中には入れませんでした。それなのに、私は自分でもよくわからないうちに守衛をうまいことかわし、中に入ることに成功したのです。そして、友人を待つふりをしながら、ユスティノフ氏が出てくるのを待っていました。私は掲示板に張り出されたインフォメーションを見つめていましたが、ひどく緊張し、文字はかすんで見えました。とても長い時間が経過しました。すると、声が聞こえてきました。それは、ユスティノフ氏の声でした。

彼は、サインをもらいに来た人たちに取り囲まれると、根気よく相手をしていました。私は、サインをもらいに来たと思われるのが恥ずかしかったので、後ろの方で突っ立っていました。やがて、誰もいなくなり、私とユスティノフ氏だけになってしまいました。私はサインが欲しいわけでも、かといって何かをしようとしていたわけでもなく、ただユスティノフ氏を見つめていたため、彼は困惑していたようでした。すると、沈黙を破り、私に尋ねてきたのです。「お食事はおすみですか?」。私はびっくり仰天してしまい、つかえながら答えました。「は、はい、あの、い、いいえ、その、まだなんです!」「それでは、私のお相手をしてくれませんか?」。私は車の中で、彼の隣でぼうっとのぼせたように座っていました。そして、レストランへ行き、ジャガイモ添えのホワイトアスパラガスと、生クリームのかかったイチゴをデザートに食べ、いろいろな国の言葉や方言で楽しくおしゃべりしました。

彼が車で私を送り届け、紳士的に別れを告げた時、私は自分の願いの力に満足以上のものを感じていました。

私は、ピーター・ユスティノフ氏と楽しい夜を過ごしたのです!
この体験で、私は疑いから一気に解放されました!信念は山をも動かす、自分の力を信じれば報われる、ということを確信した出来事でした。

 カテゴリ

 タグ

様々な宇宙への願い方

brand-1851576_640.jpg

あなたはどんな願い方が得意ですか


私たちは、それぞれ得意なことが違います。日常生活でもそうですが、お願いの仕方も、人によって特異な方法が異なります。

ですから、自分にとって難しく感じられるような方法でお願いするのはやめましょう。欲しいものやかなえてほしいことを気軽にお願いすることが大切です。最悪なのは、力ずくで手に入れようとすることです。願う時に窮屈さや不安を感じたり、お願いの言葉を無理やり引き出そうとしているのであれば、その願い方はよくありません。自分に一番合っている方法を、もう一度よく考えてみましょう。あたなの思いを願いの方向に向けるのに、もっとも簡単にできると思われる方法はどれですか?

人によって願いを効果的に表す方法は異なります。思い描くことが得意な人もいれば、願いはかなう、とひたすら信じるほうがたやすいという人もいます。また、疑いを持たないようにすることが上手な人もいれば、言葉で表現するのが得意だという人もいます。

そろって車を手に入れたお母さんと娘さんの得意な願い方は、言葉で表現したり、願ったことを忘れるという方法ではありませんでした。ふたりとも、手に入れたときの状況を想像することによって、もっとも強い力が発揮されたのです。願った状況を具体的に思い描くことの長所は、手に入れる前の段階で、喜びがすでに大きく育っているということです。喜びはとてつもなく大きなエネルギーを発し、私たちの願いを実現してくれます。

どんな願い方が自分に合っているのかよくわからないときには、いろいろな方法で試してみましょう。大切なことは、違和感がない、ということです。「上手に願う」ことを始めたばかりの段階では、まだ自分の中に願うことへの勘が十分に働かず、何十年もかけて培ってきてしまった疑いがしょっちゅう顔をだし、願いがかなえられる邪魔をするかもしれません。

このような場合にもっとも効果的なのが、”アファメーション(自分を肯定すること-宇宙へのお願いの言葉”です。アファメーションはポジティブに働きかけてくれる固定観念のようなもので、潜在意識だけでなく、私たちを取り巻く状況にも影響を及ぼしてくれる、自分を肯定する言葉です。アファメーションは、一種の自己暗示ですが、実際に使ってみると、いかに効果があるかわかります。自分に欠けているものが補え、いかに自分の人生が好転するか、すぐに確認できるはずです。アファメーションのポジティブなエネルギーが、私たちの人生への考え方を変化させるのです。

あなたはどんな願い方が得意でしょか。信頼することでしょうか。願ったことを忘れることでしょうか?それとも、思い描き、願いがかなったときの状況を感じることでしょうか?あるいは、言葉で表現する、疑いをもたないようにする、または、願いを繰り返し唱える方法でしょうか?はじめは、自分にとって簡単だと思える方法でお願いしましょう。

大切なことは、願った時に違和感がなく、自然に力と喜びが沸き起こってくることです。ポジティブな感情が沸き起こるようになれば、気軽にほかの方法で願うこともできるようになるでしょう。

うまくいかないからといって、ショックを受けないでください。自分の考え方を一瞬にして根本から改めることなどできないのですから。理性に対し、寛大になってください。理性もはじめは困惑していることでしょから、ポジティブな考えに切り替える時間を与えてあげましょう。

妻も、はじめてお願いがかなったとき、思いの威力にショックを受けました。そして、お願いするのはもうやめよう、と考えていました。ありえないことが起こり、理性が驚いていたわけですが、こうした成功の体験を積み重ねるうちに、理性も「願いは叶う」と納得することになるのです。


抽選でレコードを当てる


子どもはみんな、いろいろなことを願い、ただ何となく夢見て、できれば欲しいものをすぐに手に入れたいと思っている者です。私は子どものころ、願い事はすべて空想の世界で「でっちあげ」、手に入れたときのことを想像して楽しんでいました。けれども、それはただの夢でしかありませんでした。

あるときラジオを聴いていると、大好きなポップグループ、アバのレコードの抽選が行われることになりました。そこで私は、自分の思いの力がどれほどあるのか、試してみようと思いました。私はハガキに合言葉を核と、放送局へ送りました。それから毎日、郵便配達人が呼び鈴を鳴らし、私にレコードを届けてくれるところを、気持ちを集中して思い描いてみました。いつも同じ映像を思い浮かべていました。そして、本当にそれが現実となり、待ちに待ったレコードを受け取ったときには、とても驚きました。それは偶然に違いない、自分にそんな力があるわけない、とおもいました。

その後もう一度、挑戦しました。私は、再び抽選がるまでラジオを聴きつづけました。次のレコードは、そんなに好きなものではありませんでしたが、応募してみることにしました。私はもう一度、ハガキに合言葉を書き、ポストに投函しました。それから来る日も来る日も、思い描いて待っていると、郵便配達人が玄関の呼び鈴を鳴らし、レコードを持ってきたのです!私はびっくりしてあまりにもショックを受け、こんなことはもうやらない、と思いました。この体験は、当時十歳だった私にはあまりにも強烈で、自分は少しおかしいのではないかと思ったくらいでした。

「足りない」が活性脳を目覚めさせる

weight-loss-2036969_640.jpg

「足りない」が活性のを目覚めさせる


「何かが足りない」という状況、その状況こそが、凡庸な脳を「活性脳」へと変えるのだ。考えてみればわかることだが、人類は「満たされる」ことや「便利になる」ことで、生き物としては退化の一途をたどってきた。

衣類を得たことで寒さに弱くなり、
農耕を覚えたことで狩りのための身体能力を失い、
灯りを得たことで夜間の視野が低下したのである。

つまり、便利な道具によって用が足りる、満たされることで、生き物としての本来の力を失う結果となったのだ。しかも近代になると、人間の脳の働きを代行する道具のせいで、「不活性脳」化が進んでいる。

計算機ができたことで計算能力が低下し、
テレビの登場で想像力は貧困化し、
ワープロ、パソコンの普及で感じを忘れてしまった。

さらに、最近ではインターネットの普及によりいつでも調べものができるようになったせいで、記憶力の必要までなくなってきている。私はこのような現状を「脳のメタボ化」と呼んでいる。

近年、運動不足と過食傾向によるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が問題視されているが、それと同じような意味で、「脳のメタボ化」も進んでいるのである。

自分で頑張って調べものをしたり考えたりしなくても、インターネットで質問を投げかければ、見知らぬ誰かから答えがかえってくる時代である。こんな便利な世の中で、一生懸命に頭を使えというほうが無理な話だろう。

だが、怠けた分のしっぺ返しはいつかきっとやってくる。

大学受験、資格試験、仕事でのプレゼンテーションなど、頭脳の限界の挑戦すべき場面は人生の中で決して少なくはなく、また、年齢を重ねたときに、いつまでも明瞭な頭脳でいたいと思うのは誰しも同じであろう。
だからこそ、すっかりたるみきったメタボ脳に対して、「何かが足りない」という状況を作り出してガツンと活を入れなければならないのだ。

身体と脳の潜在能力がぐんぐん引き出される


さあ、そう考えると、断食によって私が驚異的な記憶力を発揮できるようになった理由もおもずと見えてくるだろう。

断食はまさに「何かが足りない」という状況をのものであり、そのときに味わう飢餓感こそが凡庸な脳を「活性脳」へと変える鍵となる。断食をすると、体と脳はその「足りない」状況からなんとか脱出しようと、潜在能力のすべてを発揮するのだ。

断食中、体からパワーがあふれ、記憶力が冴えわたるのは、サバイバルのためなのだろう。ただし、断食期間が終了した後でも、いったん開発された能力は持続することになる。

植物の話であるが、断食農法とも呼ばれる永田農法はそれを説明するための好例かもしれない。この農法では肥料と水は必要最小限しか与えず、作物は常に飢餓状態に置かれる。「水と肥料はたっぷりあげましょう」という一般の農法からすつと、常識外れとしかいいようのないやり方だ。

しかし、その飢餓状態こそが作物の潜在能力を最大限に引き出す。

永田農法で作られたトマトは通常の3倍の糖度となり、ビタミンC含有量は最大で通常の30倍以上を記録したのだ。また、別種の野菜の場合でも、一般的な農法のものと比べて圧倒的に栄養価が高い。

人間もこれと同じことで、「何かが足りない」という状況で体験する飢餓感こそが、その人の潜在能力を最大限に引き出すことになる。

「飢餓感?そんな苦行はしたくない!」

そういう人もいるだろう。だが、これは決して自分をいじめる苦行ではない。つらいのは最初のうちだけであり、いくつかのハードルを乗り越えた後は、大きな快感が得られ、まるで自分が超人に生まれ変わったかのような心境になり、その飢餓感は、心身からあふれてくる輝かしいパワーによって喜びに変わる。
そのとき、あなたは永田農法の甘くて栄養たぷりのトマトのように、潜在能力が存分に引き出され、生命力にあふれた体と、冴えに冴えた「活性脳」を手にすることになるのだ。

 カテゴリ

信じていることは実現する!

4384302995_1e97113c6d.jpg
☆私たちは、考えることで、命令を発しています。意識的かどうかは関係ありません。
☆宇宙は否定形を知らない。避けたいことほど向かってくるのです。

どんな思いや考えも、エネルギーでできています。このエネルギーが、物事を実現するのに、大きな役割を果たしています。つまり、私たちの思いを形に変えるのです。エネルギーは同じ波動、すなわち、私たちの思いと共鳴するエネルギーを探しだして結びつきます。こうして、私たちは思いの力によって、考えていることをすべて引き寄せるというわけです。私たちは、考えることで命令を発しています。意識的かどうかは関係ありません。リクエストする、祈る、疑う。こうした行為はすべて、引き寄せの法則が働いています。エネルギーは意志や道徳的な考えは持ち合わせていないので、エネルギーが向けられたところに形となって現れるのです。

仕事を続けるべきかどうかの合図をお願いする


私でも落ち込むことがあります。
仕事で一日に十六時間も机に向かっていることがありました。ある夜、私はパソコンの前にくたくたに疲れて座っていました。すると突然、大きな不安に襲われたのです。この本に興味を示してくれる人がいるのだろうか。今書いていることはすでに、前の本ですべて語りつくしたのではないだろうか。世の中の人が私の新しい本を本当に必要としてくれているのかどうか、急に確信がもてなくなってしまったのです。

私は元気をなくし、椅子の背もたれに寄りかかると、合図をお願いしました。これからも執筆活動を続けていくだけの十分な根拠を、すぐにはっきりと示してほしい、と願ったのです。すると信じられないことが起こりました。願ってから十分もしないうちに、一通のeメールが届いたのです。それも、午前0時43分という大変遅い時間にです。午前1時2分、私は目に涙を浮かべながらそのメールに返信し、再び仕事に戻りました。

ここで、私を深く感動させてくれたメールを紹介します・・・・・

断食・ヨガ 活性脳を呼び覚ます逆転の一手

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s.jpg

病の果てに見出した一筋の光明


かつて、私はどうしようもない最低レベルの頭と体の持ち主だった。身体が弱くて病気がちで、いつもどこかしら体調がすぐれない。頭の中はどんよりと濁り、学校の授業を理解するのに難儀し、朝に聞いたことを夕方には忘れてしまうほどに物覚えも悪い。それが私の少年時代の姿だ。

しかし、今の私を知る人は、私がそこのこを話しても信じない。

それはそうだろう、ヨガ指導者として精力的に世界の道場を飛び回って指導にあたり、すでに述べたように、著書は国内外で400冊超、「記憶術日本一」のタイトルに輝き、NHKでも「記憶の達人」として3回紹介された。そんな私の姿を知っていれば、とうてい信じられないだろう。

だが、少年時代の私はまさに病気の問屋のような虚弱児だった。肺炎、肋膜炎、ゼンソク、慢性的な頭痛と微熱、便秘症、蓄膿症、肝臓肥大と、いろいろな病気にかかり、赤面・対人恐怖症にも悩んだ。中学進学時には病弱な子どものための施設へ入ることも検討されたほどだ。

しかも、16才のときには心臓病(狭心症)を患い、「20歳までは生きられない」との余命宣告を医師から受けてしまう。わずか16歳の少年が体験した、このときの絶望感が想像できるだろうか?

「死にたくない!なんとかして生きたい!」

私は病室で泣き叫び、悩み、苦しみ、おのれの運命をー呪ってのたうち回った。しかし、もはや流す涙もなくなったころ、私の心境は180度回転し、メソメソとした感情が前向きな決意へと変化する。それまで、ヨガや東洋医学の本を読んできていた私は、そこに一縷の望みを託し、病院を抜け出して修行の旅へと飛び出したのだ。


断食で超人的な心身を得た!


結果、私はヨガと断食によって健康になった。

初めての断食では空腹感に悩まされ、見るのは食べ物の夢ばかりだったが、狭心症の胸の痛みはなくなり、体調はみるみる改善していった。影響をとっていないのだから医学的には元気をなくしてもいいようなものだが、事実はその逆だった。狭心症患者だというのに楽々と山を登り、そのくだりでは勢いよく駆け降りることすらできたのだ。

そして、断食10日目を過ぎるころには記憶力が驚くほど研ぎ澄まされ、英語の長文を何の苦も無くスラクラと暗記できるようになった。睡眠時間も短くて済むようになり、全身に生命力があふれ、心には自信が満ちていく。

「なんだ、これは! 俺は超人にでもなったのか!」

17歳の少年が自分のことを「超人」と思ってしまったのも、致し方ないことだろう。それほどまでに心身に起きた変化は劇的なものだったから。さて、超人であるかどうかはさておき、私はまさに別人になった。3回目の断食で心臓が完全に治癒したことを確信した私は、ヨガの普及に人生を賭けることを決意した。

当時は今とは違い「ヨガ」という言葉もまあ知られていなかった。まずはヨガの本を出版すべきだと考えて、私は方々の出版社に企画書を持ち込んだ。どこの誰とも知れぬ若造が「ヨガ」という正体不明の健康法の本を出したいと売り込みに行くのだから、そう簡単に話が進むわけがない。だが、私は自分の本が書店に並んでいる様子をありありと思い描き、「必ず本は出る!」という確信を育てていった。

結果、私は処女作の出版にこぎつけ、さらに、その本を持って企画を持ち込んだ先で出版した第2弾の本は10日で10万部売れるという驚異的な大ヒットを記録。もちろん、それもまた私が事前に思い描いた通りの展開だった。そう、私はその本がベストセラーになることを強く念じていたのだ!
Copyright © 引き寄せの法則を実践するための情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。